食の杜へ行こう!  

出かけよう!

おいしいものをたべに行こう!
おいしいものをたべに行こう! 補足
インド料理SPICEからのご案内
あらびかコーヒービーンズショップからのご案内
プチハートのご案内
食の杜に行こう
花を見に行こう
ホタルを見に行こう
たかやまさちこのホームページ


食の杜へ行こう!


 日記や「おいしくて安全なものをたべよう」でご紹介している「室山農園」は、木次の「食の杜」にあります。(「食の杜」のパンフレットは、杜のパン屋に掲載されています。)

 「食の杜」は、自然豊かな奥出雲の谷あいに広がる交流体験型の施設です。農業体験のできる「室山農園」、ワインの試飲や販売とレストランやバーベキュー施設のある小さなワイナリー「奥出雲葡萄園」、まじめなまじめな葡萄園「大石葡萄園」、見学や購入のできる「豆腐工房しろうさぎ」、木次の有機農産物や地元や国内のおいしくて安全なたべものを扱っている「SHOP風土プラン」、たべたひとが元気になるパンを元気につくりたい「杜のパン屋」などがあります。
 わたしたちがよく学習会や休憩などに使う「茅葺きの家」や、有機農業者の集まりなどにつかわれる「瓦葺きの家」もあり、予約で宿泊や調理などもできます。「奥出雲葡萄園」の近くには「ロバの放牧場」、「室山農園」の鈴木慎一さんのところには元気なポチ(田中さんの真似をして、ネイティブ風に「ポツ」と呼んでも返事します)、「大石葡萄園」の気のいい犬ポンちゃんなど、子どもにも人気の動物たちもいます。



「たべもの」の会では、こんな企画をしました。



♪「食の杜」に行きます。

町で過ごすのもいい、山で過ごすのもいい〜。それなら、初夏の一日、緑濃き「食の杜」に行ってみませんか。室山農園、ぶどう園、豆腐のしろうさぎさん、茅葺きの家などを見学します。生産者の方々にもお会いします。ワイナリーでは、バーベキューを楽しみたいと思います。グラスワインまたはぶどうジュースが付きますよ。バーベキュー料金(1人分2000円+テ-ブル代6人2000円)には、会から補助します。
 


これが、活動報告です。


「食の杜」に行ってきました

 6月8日(木)大人7人子ども2人で「食の杜」に行ってきました。お忙しい中押し掛け、しかも短時間でぜんぶ見たい欲張りな私達を、「食の杜」の皆さんは暖かく迎えて下さいました。おいしい空気、自然の中の散策は気持ち良く、しかも、バーベキューもワインも極上。ロバも犬のポンちゃんも可愛いし。今回行けなかった皆さん、誘い合わせて、また遊びに行きましょう。
お友達やご家族と個人的に行きたい人、入園は無料ですが、施設利用は予約が必要です。

問い合わせ・予約先は
近くには

  • 木次乳業 TEL 0854-42-0445 FAX 0854-42-0400
    牛乳工場やチーズ工場の見学ができます。また、佐藤貞之社長さんや佐藤忠吉相談役さんと、お話すると実に勉強になります。このあいだも、社長さんと「最近の子どもは腐ったものや傷んだものを見たこともないので、腐ったり傷んだりしているかどうかをじぶんの感覚で判断することができなくなっている」などの話で盛り上がりました。また、ここの社員食堂の昼食はたいへん美味です。(要予約)

  • 日登牧場 TEL 0854-42-1554 予約・問い合わせは上記木次乳業へ。
    かわいい目をしたブラウンスイスが山の傾斜地に放牧されています。子ウシや子ヤギもいます。可愛がられているのでひと懐っこく、この間いったひとが、「ミルクをやった子ウシがいつまでも後をついてきた」と喜んでいました。(室山農園で放牧のロバもお客が来ると、背中を掻いてくれと柵に寄ってきます。)秋には、山の斜面で栗拾いができます。(要予約)

  • 田中養鶏 TEL 0854-42-3529 FAX 0854-42-2180
     明るく広い養鶏場で、元気な鶏達がいろんなことをしています。夏なんか、暑さをしのぐため、地面に穴を掘って冷たい土におなかをくっつけて涼んでいたりします。子どもたちは、餌やりや卵取りが大好きです。卵や卵油だけでなく、鶏糞も買えます。(要予約)
     薫製やミンチを作りたいひとは、希望日の1週間前に、田中さんに予約。薫製は、1度に15羽分するので、2〜3人でするといい。ミンチは1羽でもいい。約700グラム。農産品加工体験として作るのはいいが 獣医の資格がなければ販売できないので、注意。

  • 健康の森おろち湯ったり館もあります。

トップに戻る