山里の彩り~夏休み  女性のひろばより 
      
   ラジオ体操は夏休みの間だけ放送されるものだとずっと思っていた。古びた辻堂やペンキの剥がれた農協の建物を見かけると、そんな事が思い出される。木目の浮き上った埃っぽい板の間や、水のきれいだった小川で遊んだ事。木漏れ日の中で探したニイニイゼミやアブラゼミ。台所から持ち出した笊で掬ったハヤやドジョウ。キャンプファイヤーを囲んだ臨海学校。ヒグラシの鳴声を聞きながら急いだ家路。それらは懐かしい夏休みの思い出として心に残る。それぞれの地域で、それぞれの思い出を心に刻みながら子供たちの夏休みは過ぎて行く。  

戻る