城西公民館トップページへ

城西公民館 26年1月、2月、3月の活動から  情報・写真  館長 森 


新聞記事 26.03.25掲載
 
3月23日(日)晴れ
山陰中央新報に城西幼保園の記事が掲載されていたので紹介します。
23日は城西第3児童クラブの保護者説明会で様子を見に出かけましたが、
たくさんの保護者で受け付けが30分近く遅れました。
施設内部ははとても素晴らしく多目的トイレ、シャワーの施設も男女用別々にありました。
保育所の隣りですが園庭を少しでも使わせていただいたら
子どもたちも喜ぶだろうに・・・と思いました。
 





幼保園の竣工を祝う会 26.03.25掲載
 
3月22日(土)夕方幼保園の竣工を祝う手作りのささやかな会がありました。
会費制によるもので市の担当部局の方、地公民館関係者幼稚園・保育所関係の方、
いろいろ協力された方などが参加、とても盛り上がりました。
市・幼稚園・保育所・地元が協力しての竣工でした。「どう」の披露もありにぎやか、
準備された皆さんご苦労様でした。






 
幼保園竣工式 26.03.25掲載
 
3月22日(土)晴れ 城西幼保園の竣工式がありました。
天気も良く市・建設関係者・幼保園関係者の皆さんが参列松浦市長さんのあいさつ、経過報告などありました。
最後に保育所・幼稚園の子どもたちによる園歌の披露がありました。 いい竣工式でした。
  





どうの飾りつけ 26.03.18掲載

3月17日(月) 安部さんと榊原さんが22日の幼保園竣工のお祝い会のために鼕の飾りつけを始めてくださいました。
 22日、関係する皆様(40〜50人?)をお迎えして会費制によるささやかな竣工祝いをするのですが、
何もないのもさびしいので太鼓で打って景気付けをしようというのです。
当日までには、提灯代わりにペットボトルを切ったものをぶら下げたり、紙の幕を作ってくださることになっています。
   






幼稚園閉園式 26.03.18掲載

 3月16日(日)晴れ 内中原幼稚園の閉園式に出席させていただきました。
市関係、学校関係、地域の皆さん、幼稚園の保護者の皆さん等などたくさん出席しておられました。
園長先生から幼稚園の旗が松江市に返された後卒園する子供たちの歌があったり、新しい幼保園に行く子供たちの歌、
アトラクションとして内中原小学校南中ソーランクラブの演技がありました。
幼稚園の子どもたちも参加、大いに盛り上がり、にぎやかに閉園式は終わりました。





南平台のなごやか寄合に出かけました  26.03.14掲載

3月12日(水)晴れ、ポカポカ
 南平台の「なごやか寄合」事業からお誘いを受けて昼前に参加。集会所ではスカットボールで皆さんが楽しんでおられました。
 私も2回参加しましたが初めてでいい結果は出ませんでした。
皆さん楽しそうに参加、昼食は料理屋さんから取り寄せた蒸し寿司そのあとはビンゴゲームでした。
 わたしも運よくビンゴ!「小さな植木鉢(100円?)」があたりました。感謝!
毎年、何度も出かけさせてもらっていますが、南ペイ台寄合は事業はお世話する人たちの協力で
いつも楽しくたくさんの方が参加しておられます。





   鼕太鼓の屋根とりつけ 26.03.13掲載

3月10日(月)
関係の皆さんが集合して鼕太鼓の屋根の取り付けと鼕の設置をされました。
その夜の公民館の役員会では手作りでも鼕庫を作る必要があるのでは?
という意見が出て材料だけでも用意をするという方向ではなしがまとまりました。
28日の運営委員会総会で提案、承認をうけることになりました。
 城西の新しいん文化として鼕の音を全地域に広げるという考えに基づくものです。





 春の淡雪 26.03.07掲載

3月7日(金)
朝起きてびっくり、昨日の朝もでしたが外は雪景色、春の淡雪というのでしょうか、
ふんわり木々にのっかかっているという感じでした。
もう春のどか雪ということはないと思いますが・・・はやく本格的な春になりますように!
 写真は朝、公民館玄関前で写したものです。





   末次保育所お別れ会 26.03.05掲載

3月5日(水)雨
10:00末次保育所のお別れ会に招待されていきました。
いつも保育所の手伝いをしておられる「たんぽぽの会」の皆さんも来ておられました。
感謝状をもらったり,子どもたちが作った花もちをいただいたり、
子どもたちの歌など聞かせてもらいました。
 保育所がなくなることをたんぽぽの会のみなさんは、とても寂しがっておられました。





  どう台車樹脂塗り作業 26.03.05掲載

3月4日(火)くもり 
午前から榊原さん、午後から平野さん以下石橋、景村、門脇さんたちが錆を落としたり、
塗ったりなどの作業をしてくださいました。
 作業は夕方5時、終了。2トンジャッキで屋根を持ち上げる作業もうまくできました。
 あちは屋根の内側を塗る作業と柱を取り付け、屋根をのせる作業でほぼ終わりです。
 





 防災机上訓練 26.03.04掲載

3月2日(日)くもり
 10:00〜公民館防災部企画による机上防災訓練がありました。 県の方からも3名の方が来られました。
 44の町内会長さん、各町内の防災連絡員の人たちが参加、各グループに分かれて地図上での自分たちの町内の
消火栓の場所、がけ崩れの恐れの場所等などを記入、質疑応答の時間などあり、昼で終わりました。




  幼稚園の石碑運搬 26.03.04掲載

3月1日(土)曇り、かすかに雨
 10:00より幼稚園にある石碑の移転作業を地区の有志で行いました。 岡本石材店さんの協力で昼前にはなんとか石碑を
持ち上げることができ公民館に運びました。 スコップを使ったり、バールで掘り起こしたり結構汗が出ました。
邪魔になる木も伐採、3日には小川さん宅の畑に捨てさせてもらいました。
 4月になって幼保園のナンジャモンジャの近くに設置することになるようです。
作業終了後、ラーメン屋に行き終了となりました。 石碑の重さは1750キロでした。
      






 市民学習発表会  26.03.03掲載

2月22日(土)晴れ
中央ブロック6公民館による市民学習発表会がステック・ビルでありました。
1年前から池田コーデlネーターを中心に各公民館の主任さんたちが世話をして当日を迎えたものです。
 22日は島根県が竹島に関する県の条例を作った当日であり、政治団体などの街頭宣伝車がたくさん
松江市に来るということで交通混雑を心配しましたが、影響は全くなし。
 無事、3時30分、すべてのプログラムは終了。
 最後の小学生を含むチアリーダーの演技など驚くほど元気な出し物がありました。
 私はもっぱら喫茶店のお手伝い(お邪魔虫?)で1日が終わりました。
 12:00からの城西幼保園見学の会もあり、そちらにもいきました。
 交通混雑を予想していたので徒歩で幼保園から帰りましたが、風は冷たく 震えました。
   




記念植樹の記事 26.02.28掲載

2月28日(金)くもり
今日の山陰中央新報に城西幼保園にうえたナンジャモンジャのことが出ていました。
 さいわい雨が降ったので水やりには行かなくてホットしています。
大きく育って真っ白い花が咲きますように!
 



  ドウの手入れ 26.02.28掲載

鼕2月27日(木)午後、平野さん、石橋さん、景村さん3人が鼕太鼓の整備をされました。参考まで! 
     






ドウ太鼓の屋根修理 26.02.28掲載
   
2月23日(日)晴れ 午後、榊原さんから電話がありドウの屋根のペンキ塗りをしました。
屋根はもう1度塗る必要があるかもしれません。
赤、銀色等など、まだ塗らないといけませんが、3月中旬には完成という予定です。
     




  ナンジャもんじゃの木植樹 26.02.26掲載

24日午後から、子どもの好きな地域住民有志、松江どうだら会の人たちが先日、山から掘ってきたナンジャもんじゃの苗を
幼保園に運ぶ作業をしました。市の子育て課、幼保園の工事責任の方の協力もあり無事3本の苗を植える準備ができました。
 
25日(火)穏やかに晴れた1日、幼稚園からたくさんの子どもたちが保育所に集合、かんべの里の錦織館長さんの
ナンジャもんじゃの紙芝居、地域の安倍さんの作った看板の紹介などあり、幼保園に移動、
子どもたちの代表が記念樹に土をかけたり、タイムカプセルを埋めたり等などのセレモニーがありました。
 天気も良くたくさんの人たちが参加して、子どもたちも楽しかったようです。
     
     




ドウの屋根となんじゃもんじゃの苗とり 26.02.19掲載  

2月17日(月)曇りのち雨
14:00〜鼕の屋根の修理作業と幼保園の植樹用の「ナンジャモンジャ(ヒトツバダコの木)」を掘りに古江方面に出かけました。
 どうだら会の井上さんも来られました。10本の予定でしたが、重機のお世話(橋本さん)とはいえ、なかなか大変でした。 
土は重い、根はなかなか切れない、日頃慣れない仕事でくたびれました。
雨がかなり激しく降ってきましたが17:00なんとか公民館まで運んでもらえました。 保育所の畑に置かせてもらいました。
24日には新幼保園に移動、25日には一応現幼保園の子どもたちにも披露して終了です。
 3本の苗木気が大きく育ってくれればうれしいのですが・・お手伝いの皆様、本当にご苦労様でした。




  自転車の安全な乗り方教室  26.02.13掲載

2月12日(水)地域活動推進部の事業ですが、自転車に関する法令変更がある、交通事故が増えているということから
フミエ自転車屋さん、交通安全城西支部の武藤さんを講師にして交通安全関係の皆様が安全教室を開かれました。
 寒い時期ではあり、参加者が何人集まるか心配でしたが40人を超える方が参加されました。 
実技あり、説明あり、参加された皆さんにとってはとても勉強になる企画だったようです。ご苦労様でした。






  末次保育所さよならありがとうの会  26.02.10掲載

2月8日(土)雨 末次保育所と公民館を会場にして末次保育所さようならありがとうの会があり出かけました。
公民館では子どもたちの発表、保護者の南中ソーラン、アカペラグループ「アカスキ」の歌などがありました。
 保育所では子どもたちの作品や思い出の写真がたくさん展示してありました。
職員・保護者の皆さんの熱い思いが伝わってくるものばかりでした。たくさんのひとで会場はいっぱいでした。
3月22日は新しい幼保園の竣工式が予定されています。51年間の歴史本当に長かったと思います。 ご苦労様でした。
     




 鼕の屋根を下す 26.02.03掲載
  
2月1日(土)午後2時から鼕の屋根を外す作業に取り掛かりました。
八雲の藤田さんのユニック(クレーン?)、かげやま、ひらの、さかきばらさんです。
皆さん、その道の専門の方ですのでテキパキ作業が進みました。1時間後、無事屋根を外して下す作業は終了。
 屋根は後日、樹脂をぬり、固めてその上から塗料をぬって終わりです。費用はほとんどかからないでできそうです。 




どうをいただく 26.01.28掲載

1月28日(火)千鳥町の再開発事業で温泉旅館街のビルが壊されることになり「しんじ湖温泉組合?」「千鳥町?」
「温泉旅館街振興組合」?で所有されているドウ行列のドを頂くことになりました。
 13:30 雨が降っていましたがドウを倉庫から出してもらい、地域のみなさんや内中原交番さんの協力で
公民館まで運ぶことになりました。 雨もやみ、ごろごろひっぱりながら無事に到着、2つにドウを公民館の中に入れました。
 屋根などはフォークリフトを使って外してどこかに保管することにしました。とても大きいもので公民館には入りませんし
、手入れもしなければいけないようです。 新しくできる幼保園で使っていただければ・・・と考えています。   





城西子ども冬のフェステバル  26.01.28掲載
   
1月26日(日)冷たい雨の1日 毎年の行事ですが子ども育成部による子ども冬のフェステバルがありました。
 今年は少し子供たちが少なかったようですが、オデンあり、集めたペットボトルのふたを使ってのパネル作成やコマ回しなどありました。
 今年の目玉は「つみっく」さん(三島社長)の協力による木製のブロックの組み立てがありました。
 東日本大震災の時このブロックを組み立てて避難所の授乳場所、シャワー室、着替え、洗濯物干しなどに利用され好評だったと聞きました。
親子で1時間余りで組み立てることができましたが、たくさんの子どもがもぐったり、飛んだり、
滑ったり「秘密の基地」遊びのように喜んで遊んでいました。
 10:00〜2:30の催しですがたくさんの子ども育成団体の協力で無事終わりました。





   城西地区新年賀会 26.01.22掲載

1月12日(日)恒例の城西地区の賀会には100名以上の方が参加されました。
君が代斉唱、1月1日の歌、謡、などに続いて主催者、来賓あいさつ、鏡割り、
アトラクション、くじ引きなどなど盛りだくさんで大いににぎわいました。
 お開きの後も別の場所に移動して二次会、三次会とにぎやかにすごされた方もたくさんあったようです。

城西公民館トップページへ