藍染体験

藍染体験

藍染体験手順(ふきん・ハンカチ)

  1. 輪ゴムを使って好みのデザインに絞ります。(簡単なデザインの場合で約5分) 輪ゴム絞り
    ゴムはきつめに巻いてください。ゆるいと染めの途中でずれたり取れたりします。

  2. ゴム手袋をしてご自分で染めていただきます。  まず、約1分間藍の染液に浸けてよく揉み、液を十分にしみ込ませます。つぎに、取り出してよく絞り、さばきながら約1分間空気で積極的に酸化させます。これを、数回繰り返して、好みの濃さに染めます。(4回の繰り返しで約10分)

  3. 輪ゴムをはずして、水ですすいで終了です。(約3分)

  4. ご自宅にお持ち帰り後、お湯に浸けて灰汁を抜く処理をしていただければご使用いただけます。

 ※染液が付くことがありますので、できれば汚れても良い服装でご来店ください。

藍染体験料

ふきん 34cm角 500円
ハンドタオル 大・小 800円
ローンハンカチ 45cm角
ガーゼハンカチ 45cm角
バンダナ 55cm角 900円
手ぬぐい  34cm×1m 1,400円
エコバッグA4サイズ
フェイスタオル 300匁2,000円
風呂敷  72cm角2,300円
ストール綿・レーヨン3,000円
Tシャツ(半袖)(女性M)
(男性LL)
3,700円
~4,700円

○お持ち込み体験
 木綿の場合、重さ1g当り10円の藍染代+諸費用にて染めていただけます(最低料金1,000円)。前処理として、鍋で約30分間ほど煮た後、すすいで乾燥させておいて下さい。また、化繊(ミシン糸等)は藍に染まりませんのでご注意ください。詳しいことは、お問い合わせ下さい。

※日時がお決まりの場合は、ご予約を賜りますので050-6864-3330にお電話ください。

平成25年11月1日料金改定

藍染について

藍の原料はすくも藍で、蓼藍(たであい、蓼科の植物)から作られます。古くから行われている発酵建てによる方法で染め上げています。

藍は、空気中の酸素と結びついて発色・定着します。染める時には糸や布を藍甕(あいがめ)の中に浸してから充分に絞り、丁寧に繊維の中まで空気を入れます。濃い色は二十回以上染め重ねます。染める回数を変えることで、濃淡様々な色合いを出すことが出来ます。薄い方から、甕(かめ)のぞき・薄浅葱(うすあさぎ)・浅葱(あさぎ)・縹(はなだ)・納戸(なんど)・褐色(かちいろ)などの色名が付けられています。

藍は、古くから殺菌・防虫などの薬効が認められています。繊維を強くし、体にも良く、見た目も美しいということで、昔から親しまれてきました。

藍染製品の取扱い

藍は天然染料です。以下の取扱い方法を参考にしてご愛用下さい。

保管

紫外線に長時間さらされると変色しますので。ご使用にならない時は、陽の当たらない場所に保管して下さい。

洗濯方法

化学染料より摩擦に弱く、衣類同士の擦れによって色が落ちやすくなりますので、洗濯機より手洗いをお勧めします。

 手洗い
  1. 熱湯(80℃位)の中に1時間程浸しておきます。この時、薄茶色の灰汁が出ますが、これを出すことによって、藍の色がより鮮やかになります。
  2. 二,三度水洗いします。
  3. 軽くしぼり、自然乾燥させます。

  ※ 汚れがひどい場合には、薄い石鹸液で洗って下さい。

 洗濯機

  洗濯機に入れる際は、裏返してネットに入れて下さい。
  使用する洗剤は、漂白剤の入らないものをご使用下さい。

 その他

  使い始めの頃は、色落ち色移りすることがありますのでご注意下さい。
  アイロンがけは、設定温度に注意して行って下さい。
  シルク製品は、ドライクリーニングをお勧めします。