本文へスキップ

アマチュア無線クラブ グループ友

湯けむりアワード規約Ver1.3

  • 目的 温泉地の賑わい創出とアマチュア無線の活性化を目的とする。
  • ルール 
     2012年4月1日から、次の運用条件により、湯けむりアワード専用リストに掲載(又は指定)した温泉地(日帰り温泉を含む)からの移動運用局と交信し、QSLカードを取得する。
    但し、リストBは2013年4月1日からの交信を有効とする。
  • 運用条件
    @移動運用局との交信は、温泉地リスト(湯けむりアワード専用)掲載の温泉地に限る。
    A移動運用地点は温泉地(温泉地を構成する構築物)から原則800m以内とする。
    B移動運用地点から800m以内に複数温泉地がある場合、一ヶ所の移動運用を終了した後、時間帯を変えて次の移動運用を行う。
    C温泉地と運用地点が異なった行政区域でも可とする。
    Dバンド、モードは各自免許範囲で自由とする。
    E交信の際、移動運用局は、湯ナンバーと温泉地名を送信する。但し、電信の場合は「YU○○(番号)」とする。
  • 部門賞
    1.名湯賞(めいとうしょう) リストA@
    2.
    灯湯賞(あかりゆしょうリストAA

    3.音湯賞(おとゆしょう)リストAB
    4.扇湯賞(おうぎゆしょう)リストAC
    5.智湯賞(ともゆしょう)リストAD
    6.遊湯友賞(ゆうゆゆうしょう)(任意の100温泉地)
    ■47都道府県の完成を含め任意の100温泉地

    7.がんばろう日本賞
    ■青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県及び福島県内の任意の50温泉地
  • 1〜7の各賞内は全て異なる局で完成する。ただし、異なる賞の同一局の使用は可とする
    8.湯けむり賞
    ■1温泉地につき1交信のみカウント有効とする。
    ■500温泉地を単位として賞を発行する。

    ■他の賞で申請した交信記録及び移動局重複は可とする。

    9.湯けむりアワード賞
    ■申請不要、移動局を対象とする。

    アクティビティの高いサービス局をグループ友で選出し、賞状と粗品(数量限定)を発行・発送する。
  • 申請書・QSOリストと温泉地リストの入手方法          
     ホームページ又は、JM4TKE/JK4NDO/JL4LTF jarl.comへ件名「湯けむりアワード」と明記の上、メールにて請求する。 メール以外の提供は致しておりませんので悪しからずご容赦願います。
  • 注意事項
    @当アワードで使用する温泉地は、全国すべての温泉地を掲載したものではございません。また、温泉地が一方の地域に偏っている場合がありますので悪しからずご容赦願います。
    A移動運用の際、リストの温泉地の呼び名、住所等の間違えが判明した場合は、正しいものに訂正し交信・申請をお願いします。
    B申請は、当アワード専用の申請書を使用してください。
    Cリスト掲載の温泉地が廃止されていた場合は、跡地を温泉地とみなして運用可とします。
    D移動運用局は、QSLカードに湯ナンバーと温泉地名を明記して発行してください。
    E規約等の内容に不備があった場合は、訂正することがありますので悪しからずご容赦願います。
  • 申請                       
    @申請書+QSOリスト+申請手数料(定額小為替)各賞500円+140円分の切手同封
    AすべてのSLカードの所持(申請時カードの提出は不要)
  • 新申請先
    〒699-0102島根県松江市東出雲町下意東1920-13 羽入団地3号棟342号室      津森 徹(JM4TBI) 宛